« スプレッドの差 | トップページ | 注目のシステムトレード »

2014年3月26日 (水)

FXの通貨ペアの性質

FXでは好きな通貨ペアを選んで取引することが出来ます。

この通貨毎、ペア毎の性質を多少なりとも掴んでおくことで、
より状況に応じた投資を行うことが出来ると思います。

まずは基本中の基本、ドル円です。
馴染みのドルと自国通貨の円ということで、
情報を入手しやすくそれほど激しい値動きもないために
初心者でも扱いやすい通貨ペアだと思います。
ただし、流通量が少ない時期を狙ってたまに仕掛けがあるので
ストップは忘れずにしたほうがよいでしょう。

また、昨今の経済状況から事あるごとに円高に振れるので
注意が必要だと思います。

安定を求めつつもより大きな利益をあげたいのならば、
ユーロ円という選択肢もいいかもしれません。
最近はヨーロッパ経済が不安定化しているため、
安定感という点では少し劣りますが、その分押し目をとるチャンスも多いです。

さらに投機的な通貨としてポンド円がありますが、
流通量が少なく変動が激しいです。
殺人通貨などと呼ばれた時期もあり、上級者向けといえるかもしれません。

世界でもっとも取引量が多いのはユーロドルだと思います。
アメリカ、ヨーロッパの双方に目を配る必要がありますが、
トレンドに素直な通貨ペアだと思われますので、
慣れればより利益をあげやすくなるのではないでしょうか。

以上、茶々の個人的な意見でした。

« スプレッドの差 | トップページ | 注目のシステムトレード »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FXの通貨ペアの性質:

« スプレッドの差 | トップページ | 注目のシステムトレード »