« FXにはセンスも必要なのか | トップページ | FXの通貨ペアの性質 »

2014年3月26日 (水)

スプレッドの差

ある程度のFXに対する理解力があってトレードを順調に繰り返していると、
必ず壁にぶつかるのがスプレッドの差というものです。

損失だけでなく上手くいったトレードでもスプレッドの大小でトータルでは
利益の違いが大きくなりますし、スプレッドが狭ければ狭いほど良いのは
火を見るより明らかですが、それだけでは単純に判断できないのが難しいところです。
スプレッドがFXにおいて重要な要素ということは、
各々のFX業者の展開するキャンペーンから見ても明白で
狭い業者をつい選んでしまいますが、
問題は自分がポジションを取りたいピンポイントの場所を
狙えるかどうかということです。

スリッページが多く発生することによって狙い通りのポジションを取れずに
実質的な損失を被る場合は、せっかくの狭いスプレッドが台無しに
なってしまうので提示されているスプレッドだけでの判断は禁物です。

こればっかりは実際にFX業者を使用して体感してみないとわかりませんし、
たくさんの口座を開いていろいろと試しつつ、
あわよくば開設特典の条件を満たして報酬をゲットするのが
合理的なのではないでしょうか。

« FXにはセンスも必要なのか | トップページ | FXの通貨ペアの性質 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スプレッドの差:

« FXにはセンスも必要なのか | トップページ | FXの通貨ペアの性質 »